google
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English
  • German
  • French

HOME > 製品紹介 > 廃棄物処理 > 流動床式ガス化溶融炉

逆浸透法による浸出水処理システム - DTモジュールシステム

流動床式ガス化溶融炉

Q5安全性はどうか?

1)可燃性ガスが漏洩して危険なのではないか?

可燃性ガスが存在する箇所において可動部等で気密性が確保されないと、ガス漏れが発生する可能性があります。

当社の流動床式ガス化溶融炉の構造上の特長として、ガス化炉本体・溶融炉本体に可動部が無いことが挙げられます。可動部が無いため気密性が確保され、当該箇所におけるガス漏れは起こりません。給じん口も気密性を確保した構造を採用することで、ガス漏れ或いは炉内への空気の流入を防止します。

その他、以下の対策も行っています。

  • ・炉内を負圧制御することで、熱分解ガスの漏れを防ぎます。
  • ・万一ガスが漏れた場合においても、ガス化炉周辺に設けた可燃性ガス検知器で確実に検知し、作業員の警報発令、給じん停止等の処置が可能です。また、ガス化炉周辺には十分なスペースを確保し、換気対策にも配慮しています。
2)可燃性ガスが原因となって爆発が起こらないのか?

爆発とは急激な燃焼反応であり、ガス爆発は一定以上の可燃性ガス濃度、酸素濃度及び着火源の存在により発生するため、(1)急激な燃焼を起こさないこと、(2)可燃性ガス濃度及び酸素濃度の管理が重要です。当社の流動床式ガス化溶融炉は十分に対策を施しており、構造的に爆発が起こらない安全なシステムになっています。

1)急激な燃焼の回避
  • ・ガス化炉では砂層にて部分燃焼しており、常に火種が存在します。この火種が可燃性ガスの穏やかな部分燃焼を継続させ、爆発のような急激な燃焼は起こりません。
  • ・溶融炉の炉頂耐火物表面温度を所定温度以上に保持することで火種としています。この火種がガス化炉同様、可燃性ガスの穏やかな燃焼を継続させ、爆発のような急激な燃焼は起こりません。
2)可燃性ガス濃度・酸素濃度管理によるガス爆発対策
  • ・砂層温度が高温になると可燃物の熱分解が急激に進行し、高濃度の可燃性ガスが発生する傾向があります。
    そこで、砂層温度を500〜600℃に自動制御することで急激な可燃性ガスの発生を防ぎ、炉内の可燃性ガス濃度を常に爆発限界以下に保ちます。
ガス漏れ対策、爆発対策
流動床式ガス化溶融炉の納入実績