2019年7月1日
株式会社神鋼環境ソリューション


「クリーンピア射水基幹的改良工事」、「加賀市環境美化センター基幹的設備改良工事」の
2件を受注〜本工事にて施設長寿命化、CO2削減に貢献


  株式会社神鋼環境ソリューション(本社:神戸市、社長:粕谷強)は、2019年6月に富山県射水市から「クリーンピア射水基幹的設備改良工事」、並びに石川県加賀市から「加賀市環境美化センター基幹的設備改良工事」をそれぞれ受注しましたのでお知らせいたします。

  本工事により、適切な管理の元、30年以上にわたり施設をお使い頂くことで、お客様の廃棄物処理施設の整備に係わるトータルコストの縮減と平準化に寄与し、安心、安全な循環型社会の形成に貢献します。

  当社は2019年1月1日に株式会社IHI環境エンジニアリングの廃棄物処理施設関連事業を統合しました。営業・技術ノウハウ融合による競争力の強化、生産性向上などの事業統合効果により、今後とも新規施設建設だけでなく、インフラ長寿命化に資する、既納施設の長寿命化工事により貢献して参ります。

 

1.「クリーンピア射水基幹的設備改良工事」の概要 

(1)工 事 名  : クリーンピア射水基幹的設備改良工事

(2)工事内容 :

@ 機能回復、延命化のための設備更新・改修

A CO2排出量を抑制するための設備改善

(3)工     期    : 2019年6月から2022年2月まで

(4)契約金額 : 32億8千万円(消費税別)

(5)施設竣工   : 2003年3月(約16年稼働)

(6)焼却方式   : 流動床式焼却炉

(7)施設規模   : 138トン/日(46トン/24h×3系列)

(8)本工事の特徴

@ 稼働後16年経過した同施設の機能を回復させると同時に工事後約15年間稼働可能なように延命を図る。

A 給じんシステム、焼却炉の改造により更なる安定燃焼と発電効率アップを実現し、プレミアム効率モータ採用、

インバータ化等により省電力化を図る。

B 上述の省電力化によりCO2排出量を5%以上削減することで、環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金

を活用する。

C 2炉稼働が前提となっている通常の操業計画を変えずに、停止中の系列の工事を順次行う。


クリーンピア射水 外観



2.「加賀市環境美化センター基幹的設備改良工事」の概要

(1)工 事 名  : 加賀市環境美化センター基幹的設備改良工事

(2)工事内容 :

@ 機能回復、延命化のための設備更新・改修

A CO2排出量を抑制するための設備改善

3)工     期    :2019年6月から2022年3月まで

(4)契約金額 : 32億1千万円(消費税別)

(5)施設竣工   : 1996年3月(約23年稼働)

(6)焼却方式   : 流動床式焼却炉

(7)施設規模   :   160トン/日(80トン/24h×2系列)

(8)本工事の特徴

@ 稼働後23年経過した同施設の機能を回復させると同時に、工事後約15年間稼働可能なように延命を図る。

A 最新設備の導入、プレミアム効率モータ採用、インバータ化により省電力化を図る。

B 上述の省電力化によりCO2排出量を3%以上削減することで、環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業費交付金

を活用する。

C 通常の操業計画を変えずに、停止中の系列の工事を順次行う。


加賀市環境美化センターごみ処理施設 外観




以上

発表資料はこちら
PDFファイル[209KB]


○お問い合わせ先

株式会社神鋼環境ソリューション 総務部 TEL(078)232-8018

このウィンドウを閉じる