MEMBER 06

持続可能な社会の実現に
向けた、
次世代のごみ処理
施設を提案する。

事務系

S.M.

営業本部 / 環境プラント営業部

経済学部 経営学科専攻
2013年入社

多岐にわたる課題を、
一つずつクリアしていく。

私は、ごみ処理施設の提案営業を担当しています。ごみ処理施設では、ごみが地球環境へ与える影響を最小限にするための適切な処理が行われているだけではなく、さらに近年では、ごみの持つエネルギーを電力に変換するなど、環境負荷の少ないエネルギー創出施設の役割を担うようになりました。このような施設の提案営業は、潜在案件の発掘にはじまり、お客さまである自治体の要望調査、見積対応、プレゼン資料の作成およびPR活動、社内との調整など、多岐にわたります。正直大変だと感じることもありますが、上司や先輩がフォローしてくれる環境が整っており、チーム一丸となり、課題を一つずつクリアしていくことで、大きな達成感が得られます。また、全国の自治体がお客さまになるため、業務を通じて各地の文化や風土を学べることも、営業ならではの楽しみの一つだと感じています。

お客さまを深く理解し、
確実に受注し、納入する。

私が仕事で大切にしていることは、お客さまや社内とのコミュニケーションです。より良い提案を行うためには、お客さまのニーズを深く理解することが重要です。ごみ処理施設は、大きいものであれば数百億円規模にのぼり、計画から入札・契約、工事完了までに数年単位の期間を要するビッグプロジェクトです。プロジェクトでは、普段から関係者としっかりコミュニケーションをとることが求められます。良好な関係を築くことで、たとえ課題が発生した場合でも、タイムリーかつ円滑に社内関係者への伝達・議論を行うことが出来、そのことが結果として、お客さまに対しより良い提案につながると考えています。
以前、ある案件で、超短期間での契約手続きを担当した経験があります。その際も上司や先輩とともに、お客さまと密にコミュニケーションをとり、契約に向けて協議を進めたことで、無事に期限内に契約を交わすことが出来ました。

自分にウソをつかず、行動しながら考える。

就職活動をされるみなさんに、私からお伝えしたいことが二つあります。一つは、「自分自身に誠実」であること。就職活動は、自分が将来どんなことをしたいかを考えるきっかけです。周りと比べてしまい、一喜一憂することも多々あると思いますが、まずは、地に足をつけて自分自身と向き合ってみてください。もう一つは、「ときには勢いも必要」ということ。自分自身と向き合うとはいえ、自分の殻にこもってしまうと、上手くいくものも上手くいかなくなることがあります。悩む前に、様々な企業や業界の説明会に行き、視野を広げてみてください、そうすることで考えが整理され、自分に合った企業に出会えるかもしれません。自分自身に正直に行動すれば、きっといい出会いが待っています。

休日は、自宅でのんびりテレビを見ながら過ごすこともあれば、外で体を動かしてリフレッシュすることもあります。最近は、会社の先輩と近郊の山へ日帰り登山に行くことが増えました。私は、元々登山に興味があったわけではないのですが、先輩に何度か連れて行っていただくうちに、今では登る時の辛さと山頂での爽快感を味わうことにすっかりハマっています。

OTHER MEMBERS

技術系

水処理設備 / 研究開発

2012年入社

技術系

水処理設備 / 設計

2013年入社

事務系

水処理設備 / 営業

2013年入社

技術系

廃棄物処理設備 / 研究開発

2010年入社

技術系

廃棄物処理設備 / 設計

2012年入社

技術系

化学・食品機械設備 / 設計

2014年入社

事務系

化学・食品機械設備 / 営業

2013年入社

技術系

冷却塔 / 設計

2016年入社

事務系

冷却塔 / 営業

2016年入社

TOP