google
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English
  • German
  • French

HOME > 会社情報> 企業理念・経営方針

企業理念

当社グループは2019年1月1日に株式会社IHI環境エンジニアリングの廃棄物処理施設関連事業を統合しました。
これを機に水処理関連事業、統合した廃棄物処理関連事業、化学・食品機械関連事業から成る「新生」神鋼環境
ソリューショングループが、これからも時代を超えて繁栄し続けるため、全社で共有できる当社グループの企業
理念を新たに制定しました。
この企業理念制定に於いては、神戸製鋼グループの理念である「KOBELCOの3つの約束」、行動規範である
「KOBELCOの6つの誓い」を基盤に置く価値観として、新たに当社グループ独自の「Slogan」「Vision」「Mission」「Value」を企業理念としました。

経営方針

1.重点事業領域

(1) 官需水処理分野(上下水道、浸出水 等)

(2) 民需水処理分野(産業用水・排水、水供給、冷却塔 等)

(3) 廃棄物処理分野(都市ごみ焼却・溶融、PCB無害化処理 等)

(4) プロセス機器製品(ファインケミカル・医薬品向けグラスライニング機器 等)

(5) クリーンエネルギー分野(熱回収設備、バイオマス発電、水素酸素発生装置 等)


2.事業規模・収益目標

(1) 2020年度数値目標:

連結売上高 1,100億円、連結経常利益 50億円

(2) 関連経営指標目標:

ROA 5%以上、D/Eレシオ1.0以下 の継続的達成


3.重点施策

(1) 主力事業のリノベーション

@環境ソリューション提案の広範囲化(点の提案から面の提案へ)

「水」と「廃棄物」の垣根を越えた/長期にわたる/地域全体の環境課題に幅広く応えるソリューションの提供

A高シェア事業の更なるパフォーマンス向上

冷却塔、グラスライニング機器などでの更なる顧客満足度アップに向けた取組

(2) 海外での事業展開

特長のある技術(ガス化溶融等)、実績のある地域(ベトナム等)を核に事業展開

(3) 新規分野への取組

バイオマスの利活用拡大、水素社会への対応、微細藻類事業の着実な推進 等

(4) 神戸製鋼グループとの連携強化

環境・エネルギー関連事業での連携、機械・素材等のソリューションツール活用 等


 当社グループは総力を挙げてこれらの施策を推し進めつつ、安全衛生管理体制や品質保証への取り組みを更に強化してまいります。また、財務報告に係る内部統制(J-SOX)をはじめとするリスク管理およびコンプライアンスをなお一層重視した経営を徹底してまいります。