google
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English
  • German
  • French

HOME > 環境再生事業 > PCB・ダイオキシン類の無害化処理

環境再生事業
PCB・ダイオキシン類の無害化処理

PCBやダイオキシン類などの有機塩素化合物は、環境中で分解されにくく、生物体内に蓄積しやすいため、一旦環境中に排出されると私たちの体に有害な影響を及ぼすおそれがあります。

国内ではPCBを含んだトランスやコンデンサなどの電気機器は「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」により平成39年3月31日までに処分することが規定されています。また、ごみ焼却などに伴って非意図的に発生するダイオキシン類などによる環境汚染の防止およびその除去を推進するために、「ダイオキシン類対策特別措置法」が施行されています。

当社では、地球環境保全のために、これらの有害物質の無害化処理のニーズにお応えしていきます。

中間貯蔵・環境安全事業株式会社
中間貯蔵・環境安全事業株式会社
豊田PCB処理事業所殿向
PCB処理施設
(SEDプロセス採用)
中間貯蔵・環境安全事業株式会社
中間貯蔵・環境安全事業株式会社
北海道PCB処理事業所殿向
PCB処理施設
(SPプロセス+SEDプロセス採用)
中間貯蔵・環境安全事業株式会社
中間貯蔵・環境安全事業株式会社
北九州PCB処理事業所殿向
PCB処理施設
(プラズマ溶融採用)
液状PCBの処理技術(SPプロセス)
  • トランスやコンデンサなどから抜き出された液体状のPCBを化学的に分解処理する技術です。
  • 国内では民間企業の自社処理設備をはじめ、国が進める広域処理施設でも採用されています。
PCB汚染物の処理技術(SEDプロセス)
  • PCBを抜き取った後のトランスやコンデンサなど、まだPCBが表面に付着している部材から、PCBを除去する技術です。
  • 国内では、国が進める広域処理施設において採用されています。
多種多様な性状のPCB汚染物の処理技術(プラズマ溶融)
  • 蛍光灯安定器などの形状の複雑なPCB廃棄物、PCBを含んだ汚泥やウエス、感圧複写紙などの形状・性状の異なる多種多様なPCB汚染物を一括して処理する技術です。
  • 国内では、国が進める広域処理施設において採用されています。
微量PCB汚染廃電気機器等の洗浄処理技術(加熱強制循環洗浄法)
  • トランスなどの微量PCB汚染廃電気機器を洗浄処理する技術です。
  • 輸送困難な大型のトランス等を対象に保管場所で処理を行える“オンサイト洗浄処理”をご提案します。
  • >>処理実績・環境測定結果等

■問合わせ先:株式会社神鋼環境ソリューション

営業本部 環境プラント営業部 環境再生営業室
(大阪)
TEL(06)6206-6161
メールでのお問い合わせ