MEMBER 02

ゼロから設備を考案し、
ひとつ先のニーズに応える。

技術系

N.K.

水環境技術本部 産業水処理技術部 / 設計

工学研究科 環境・エネルギー工学専攻
2013年入社

自然環境の未来を、水処理設備で守る。

私が所属している水環境技術本部・産業水処理技術部では、鉄鋼、食品、化学、機器メーカーなど民間企業向けに水処理設備を提案・提供しています。その中で、私は主に水処理設備の見積り業務を担当しています。お客さまから排水の水質、水量、どの程度きれいにする必要があるかという情報をいただき、そのために必要な処理プロセス、機器の仕様、配置、原価を計算し、提案するのが業務の流れになります。お客さまの業界が多種多様であるため、排水の種類や求められる設備は千差万別です。だからこそ、一から考えた設備がカタチになっていくことにやりがいを感じます。また、民間企業の排水は河川に直接放流する場合があるため、自然環境の保全は私たちの水処理設備にかかっています。自然環境や社会において重要な役割を担う誇りと責任をもち、日々の仕事に取り組んでいます。

本当にお客さまが必要とする
技術を“目利き”する。

忘れもしない入社3年目のことです。上司が海外から技術導入した新しい設備の立ち上げに参画しました。もちろん新しい技術なので、わからないことの連続でした。さらに私の中には、“なぜ上司は、リスクを伴うであろう海外の新技術を導入したのか?”という疑問がありました。未経験の事柄に悪戦苦闘しながらも、なんとか無事お客さまに納品することが出来ました。そして、設備に対するお客さまの反応を見たとき、私の疑問は晴れました。お客さまのニーズの先にある本当に必要なものを、上司はわかっていたんだなと。私も上司のように、“技術の目利き”が出来るエンジニアになりたい。この仕事をきっかけに、そう思うようになりました。

自分は社会に向けて何ができるかを考える。

学生の頃から、環境に携われて、かつ実際に使用する人の立場から技術を提供したいと考えていました。高度な技術を単に売るだけではなく、お客さまと向き合い、会話の中から引き出したニーズをカタチにしたいという想いが強く、就職活動においてもそのような考えを軸にして活動を行っていました。当社へ入社を決意したのは、先輩社員が口々に「お客さまへの誠実な対応は他社に負けない」と話されていたことが、自分の考えとマッチしていると考えたからです。この会社なら、お客さまにより満足いただける技術を提供出来るはずだと強く感じました。就職活動をされるみなさんにも、自分の働いている姿をイメージ出来るかどうかということを大切にしてほしいと思います。この先、自分が社会に向けてどのように働きかけたいか、またどのような環境なら自分の力を発揮出来るのかをこの機会にじっくり考え、実際に働いている人とよく会話をし、仕事に対する様々な考え方にふれてみてください。応援しています。

私はアウトドアが大好きです。会社のワンダーフォーゲル部で、長期休暇には雪の残る立山で雪上キャンプをしながら縦走したり、夏には沢登りに行ったりとアクティブに過ごしています。部活がない休日には、登山仲間と地図を持って六甲山の散策も。道中で出会うさまざまな動植物に癒され、また、体を動かしたあとに山頂で食べるラーメンは格別で、心身ともにとてもリフレッシュします。

OTHER MEMBERS

技術系

水処理設備 / 研究開発

2012年入社

事務系

水処理設備 / 営業

2013年入社

技術系

廃棄物処理設備 / 研究開発

2010年入社

技術系

廃棄物処理設備 / 設計

2012年入社

事務系

廃棄物処理設備 / 営業

2013年入社

技術系

化学・食品機械設備 / 設計

2014年入社

事務系

化学・食品機械設備 / 営業

2013年入社

技術系

冷却塔 / 設計

2016年入社

事務系

冷却塔 / 営業

2016年入社

TOP