新規事業
木質バイオマス発電

木質バイオマス発電により、
地球環境貢献します。

木質バイオマス発電は、カーボンニュートラルな発電であり、CO2削減や地球温暖化の防止に貢献します。また、未利用間伐材を燃料として利用することにより、林業の再生、山の整備・保全が可能となり、地域振興にもつながります。

株式会社福井グリーンパワー外観

株式会社福井グリーンパワー外観

― 特長 ―

当社の木質バイオマス発電ボイラは、長年培ったごみ処理プラントの技術を応用しており、
以下のような特長を有しております。

木質バイオマスをガス化し、可燃性ガスを低空気化燃焼することによる高効率発電
ピンチップ、切削チップ等あらゆる形状の木質バイオマスを投入可能
バークからPKSまで広範囲な燃料に対応可能
事業に不可欠な暗戦で安定的な運転実績

当社は、株式会社福井グリーンパワーにおいて、自社が事業主体となって未利用間伐材を主な燃料とした木質バイオマス発電所(7.34MW)の運営を行っております。

貯木場

貯木場

チップ化設備

チップ化設備

実績

株式会社福井グリーンパワー

株式会社福井グリーンパワーは、2017年5月に福井県大野市より農山漁村再生可能エネルギー法に基づき「地域資源バイオマス発電設備」として認定を受けました。

株式会社 神鋼環境ソリューション
新規事業推進部 事業企画室

  • TEL(078)232-8035
同意して閉じる
当ウェブサイトでは、アクセス状況の測定・分析を目的に、クッキー(Cookie)を利用しています。クッキーの利用に同意いただくか、又はウェブサイトの閲覧を継続することで、クッキーの利用を承認いただいたものとさせていただきます。なお、お客さまは所定の手続きにより、クッキーの利用を管理することもできます。詳しくはクッキーポリシーをご覧ください。  > クッキーポリシー
JavaScriptの設定をオンにしていただくことで、Webサイトを適切に表示させることができます。