沿革

1946年 11月

(株)神戸製鋼所山手工場の一部に琺瑯工場を建設し、同社琺瑯部として発足。

1954年 6月

米国フアウドラー社と技術提携し、(株)神戸製鋼所琺瑯部を分離独立し、両社の共同出資に より、神鋼フアウドラー株式会社を設立。

1957年 12月

水処理装置のビジネスに参入。

1962年 3月

冷却塔のビジネスに参入。

1962年 11月

下水及び有機廃水処理装置ビジネスに参入。

1976年 7月

播磨工場が完成し、稼働開始。

1978年 8月神戸製鋼

流動床式汚泥焼却プラント1号機を納入。

1982年 3月神戸製鋼

都市ごみ焼却プラント1号機を納入。

1989年 10月

社名を、神鋼パンテツク株式会社に変更。

1992年 4月

生産部門を播磨工場に統合し、播磨製作所に改称。

神戸ハイテクパーク(神戸市西区)内に技術研究所を新設。

1994年 8月

大阪証券取引所(現 東京証券取引所)第二部に上場。

1999年 1月

PCB処理ビジネスに参入。

1999年 4月

環境分析センターを新設し、特定化学物質・微量化学物質の分析業務を開始。

2001年 2月

新本社ビルが完成

2003年 10月

(株)神戸製鋼所の環境ビジネス部門と事業統合し、
(株)神鋼環境ソリューションに社名変更。

2005年 6月

播磨製作所にて、PCB無害化処理施設向けSD供給事業を開始。

2005年12月

廃棄物管理型最終処分場の営業を開始。

2006年 9月

相模原市より国内最大規模となる流動床式ガス化溶融炉を受注
(同機種国内トップの実績)。

2006年 11月

下水汚泥処理過程からメタン濃度の高いバイオ天然ガスを精製する「バイオ天然ガス化設備」を神戸市から国内初受注。

2008年 4月

神戸市東灘処理場にて、バイオ天然ガスの供給施設である、エコステーションが事業を開始。

2008年 6月

室蘭SD製造所にて、PCB無害化処理施設向けSD供給事業を開始。

2009年 4月

ベトナム(ホーチミン市)に事務所を開設。

2009年 12月

都市ごみ処理施設「ビュークリーンおくえつ」(福井県)にて、308日連続運転を達成。

2010年 1月

ドイツ(デュッセルドルフ市)に事務所を開設。 (2019年9月 ロンドン事務所に機能を移管)

2010年 10月

神戸市東灘処理場にて、下水道バイオガスの都市ガス導管注入を開始(国内初)。

2010年 11月

ベトナム(ホーチミン市)に現地法人 KOBELCOECO-SOLUTIONSVIETNAMCO.,LTD.を設立。

2013年 7月

東京証券取引所第二部に上場。

2013年 7月

ベトナム現地法人がハノイ支店を開設。

2013年 10月

ベトナム現地法人がグラスライニング製機器製造工場を開設。

2014年 10月

神鋼環境メンテナンス(株)からメンテナンス事業を譲受。

2015年 10月

カンボジア(プノンペン市)に事務所を開設。

2015年 11月

ユーグレナ(食品原料)の製造・販売開始に向け「営業開始届書」提出。

2016年 4月

福井県大野市にて、木質バイオマス発電設備の営業運転開始。

2017年 1月

神戸ユーグレナの販売開始。

2018年 7月

株式会社ミカレア(神鋼環境ソリューション本社内)に設立。

2019年 1月

株式会社IHI環境エンジニアリングの廃棄物処理施設関連事業を当社グループに統合。

2019年 9月

英国(ロンドン)に事務所を開設。

会社情報に関するお問い合わせ

会社情報に関するご質問・お問い合わせを承っております。

同意して閉じる
当ウェブサイトでは、アクセス状況の測定・分析を目的に、クッキー(Cookie)を利用しています。クッキーの利用に同意いただくか、又はウェブサイトの閲覧を継続することで、クッキーの利用を承認いただいたものとさせていただきます。なお、お客さまは所定の手続きにより、クッキーの利用を管理することもできます。詳しくはクッキーポリシーをご覧ください。  > クッキーポリシー
JavaScriptの設定をオンにしていただくことで、Webサイトを適切に表示させることができます。