廃棄物処理/リサイクル

地球温暖化防止のためのCO2削減は社会的な喫緊の課題となっています。焼却工程で熱が発生することから、廃棄物は、国内で自給できる貴重なエネルギー源、「廃棄物燃料」として利用できます。

廃棄物処理施設は、地域のエネルギーセンターとしての活用、廃棄物エネルギーを活用した産業振興、災害時の防災拠点としての活用が期待されます。

当社においては省エネ・創エネ性能の向上や焼却残渣の低減などを通じ、SDGsに貢献できる廃棄物処理技術の開発を進めています。また少子高齢化に伴う廃棄物処理の担い手不足を解決するために、施設操業の自動化に関する開発にも注力しています。

製品紹介はこちら

ガス化燃焼炉

ガス化溶融炉で培ったガス化技術、数値計算による燃焼解析技術を活用し、低空気比燃焼が可能なガス化燃焼炉を開発しました。

ガス化燃焼炉

ガス化燃焼炉内の燃焼解析を実施。空気、排ガス循環の供給方法を最適化することで、低空気比運転による燃焼調整のみで低NOx運転を実現。

酸素と窒素酸化物の濃度分布

開発にあたって

ガス化燃焼炉の開発では、実機での実証試験を実施しました。

炉の改善に加えごみの供給方法の最適化も行い、長期間の実証試験を通じて技術の検証を行いました。炉の設計においては、数値シミュレーションも活用しています。実機での排ガス測定結果との比較評価により計算モデルを改善し、精度の向上を図っています。

ストーカ式焼却炉

ストーカ式焼却炉は、炉壁をボイラ水管で構成した円筒形状の炉で、次のような効果を発揮しています。

①耐火物を使用しないことによる炉壁の長寿命化

  • 炉壁にクリンカ(溶融物)が付着しても、耐火物がないため損耗の心配がありません。
  • 炉壁は高温のボイラ水で冷却されているため、腐食域は回避されています。

②円筒炉内で効率のよいガス混合による低空気比燃焼

  • ストーカ炉特有の穏やかな燃焼と同時に、円筒壁で囲まれた空間での混合により余剰空気は低減されます。
酸素と窒素酸化物の濃度分布

開発にあたって

ストーカ式焼却炉の基本的な技術は40年以上前に確立され、以降、一般廃棄物や産業廃棄物の焼却炉として国内外で稼働しています。歴史があるだけに実績が優先されがちですが、常に最適な技術をお客さまへ提供できるように、実稼働運転の評価に加え、新たな技術開発も進めています。

従来は主に実証試験による技術検証が行われていましたが、現在は開発から設計と様々な分野で燃焼・熱流動や構造といった解析技術を導入し技術開発のスピード向上を図っています。

同意して閉じる
当ウェブサイトでは、アクセス状況の測定・分析を目的に、クッキー(Cookie)を利用しています。クッキーの利用に同意いただくか、又はウェブサイトの閲覧を継続することで、クッキーの利用を承認いただいたものとさせていただきます。なお、お客さまは所定の手続きにより、クッキーの利用を管理することもできます。詳しくはクッキーポリシーをご覧ください。  > クッキーポリシー
JavaScriptの設定をオンにしていただくことで、Webサイトを適切に表示させることができます。