液状PCBの処理技術(SPプロセス)

SPプロセスは、カナダ Powertech社で開発された世界的にも処理実績の極めて多い処理技術で、ナトリウムの超微粒子(ナトリウム分散体:SD)によりPCBから塩素を剥ぎ取り、無害なビフェニルに変えることでPCBの無害化を行います。PCBから剥ぎ取られた塩素はナトリウムと反応し食塩となります。

説明図
説明図

プロセスの特長

1.高い安全性

カナダ・ブリティッシュコロンビア州電力公社において、1987年以降で約15,300m3のPCB汚染油を無事故で処理した実績のある安全性の高い技術です。(Powertech社HP

2.低い処理温度

低温(90℃~120℃)・常圧という穏やかな反応のため、処理時におけるPCBの無用な蒸散がありません。

3.豊富な採用実績

民間企業の自社処理施設をはじめ、国が進める広域処理施設においても本プロセスが採用されています。

株式会社 神鋼環境ソリューション
環境エンジニアリング事業本部
環境プラント技術本部 
環境再生部 営業室

TEL(078)261-7080

同意して閉じる
当ウェブサイトでは、アクセス状況の測定・分析を目的に、クッキー(Cookie)を利用しています。クッキーの利用に同意いただくか、又はウェブサイトの閲覧を継続することで、クッキーの利用を承認いただいたものとさせていただきます。なお、お客さまは所定の手続きにより、クッキーの利用を管理することもできます。詳しくはクッキーポリシーをご覧ください。  > クッキーポリシー
JavaScriptの設定をオンにしていただくことで、Webサイトを適切に表示させることができます。