プロセス機器

グラスライニング製機器を中心とし、撹拌技術などを駆使してユーザーの多様なニーズにお応えします。

ナンバーワン・オンリーワンのグラスライニング製品を産み出す開発力と、それらを確実に製造する生産技術をより一層磨いていき、グラスライニングトップメーカーとしての責務を果たしていきます。

製品紹介はこちら

ハイブリッドグラスライニングHYX(ハイクロス)シリーズ

グラスライニングは、製品の純度が要求される化学工業の幅広い分野で、高度な耐食性を持つ鋼とグラスの理想的な複合材料として長年多く使用されています。

グラスの熱伝導性を改善することで加熱昇温時間の短縮による生産性改善とコストダウンを可能とする高伝熱グラス9000HTⅡを開発しました。

また、その高伝熱グラスにユーザーニーズの多い静電気障害を防止する導電性グラスECOGL®Ⅱや医薬用グラスPPGを組み合わせたハイブリッドグラスライニング製品を開発しました。

*PPGはドイツ ファウドラー社の技術です。

ハイブリッドグラスライニング HYX(ハイクロス)

下図のように高伝熱グラス9000HTⅡの表層が「9000グラス」のところを、HYXでは導電性グラス「ECOGL®Ⅱ」もしくは医薬用グラス「PPG」を適用することで複数の機能を持たせています。

ガス化燃焼炉

高伝熱グラス9000HTⅡでは、昇温・冷却工程の短縮を実現しています。

グラフ
熱伝導

開発にあたって

グラスは鋼に比べて熱伝導性が悪く、グラスと鋼の複合材料であるグラスライニングも熱伝導性がよくない点が課題でした。

釉薬配合、グラス成分、複層構造等の当社独自技術に加えて、施工するグラスの溶解からライニングまで一貫した生産体制を備えている当社だからこそ、高伝熱グラス9000HTⅡが生まれ、さらにその高伝熱グラスにユーザーニーズの多い静電気障害を防止する導電性グラスECOGL®Ⅱや医薬用グラスPPGを組み合わせたハイブリッドグラスライニング製品が生まれました。

同意して閉じる
当ウェブサイトでは、アクセス状況の測定・分析を目的に、クッキー(Cookie)を利用しています。クッキーの利用に同意いただくか、又はウェブサイトの閲覧を継続することで、クッキーの利用を承認いただいたものとさせていただきます。なお、お客さまは所定の手続きにより、クッキーの利用を管理することもできます。詳しくはクッキーポリシーをご覧ください。  > クッキーポリシー
JavaScriptの設定をオンにしていただくことで、Webサイトを適切に表示させることができます。